ゲストの為に郵送しよう【感謝の気持ちをこめて選んだ引き出物】

ニュース一覧

何も渡さないわけではない

プレゼント

案内や小袋を用意する

結婚式の引き出物選びは非常に重要な仕事の一つです。センスが問われ、それぞれの相手方の親族に良く思われるか、その逆かの要因にもなります。ただ、いい物を選ぶとどうしても重たくなりがちです。食器やガラス製品、ちょっとした家電製品などを選ぶときがありますが、重たかったりかさばったりして持ち帰るのが大変です。そこで郵送で後日送る仕組みを利用しましょう。最近は利用するケースが多いので、出席者も納得してくれます。引き出物を郵送するときの注意として、きちんと案内を用意しておきましょう。定番のお土産などがあるとき、誰でも期待するでしょう。結婚式に出席すれば引き出物が出るのはごく当たり前のことなので、何がもらえるか期待している人もいます。郵送するからと何もしていないと、この式ではもらえないのかと思う人が出てきます。メッセージカードなどを用意しておき、後日自宅に届く旨を伝えます。少し期待をさせるような言葉を添えておくと良いでしょう。引き出物を郵送すると決まったら式場では何も渡さなくていいかですが、それも少し違うでしょう。重たかったり嵩ばるものは送りますが、軽いものなどなら手渡しできますし、出席者の負担にもなりません。引出物は通常3品や5品など複数の品を揃えます。そこで、メイン以外のお菓子などを小袋などで用意して渡すようにします。結婚式の帰りに何もないのはさみしいですが、小さくても袋があるとホッとしてもらえます。式が終わるときに渡すようにしましょう。