ゲストの為に郵送しよう【感謝の気持ちをこめて選んだ引き出物】

ニュース一覧

女性

場にふさわしいものを

引き出物は地域差があります。包装紙は場にふさわしい華やかさとおめでたさがあるかがポイントなので、自分で選ぶときは注意が必要です。熨斗は内熨斗が多いのですが、外熨斗にすることもできます。結婚式場を通じて選んだのならば間違いはないでしょう。

ギフト

喜ばれるものについて

引き出物を選ぶ際には、日常生活で使用するものや、少し高級感があるものが喜ばれる。重たいものは避けた方が良いが、郵送で送るなどの配慮をすれば喜ばれる可能性が高い。式翌日に、自宅に郵送されるといった方法などがある。

箱を持つ人

通販サイトが便利

引き出物専門のギフトショップは記念品や引菓子、プチギフトまで豊富な品揃えが魅力となっています。包装紙や熨斗も好きなデザインから選べて、ラッピングも専門のスタッフがマナーに則って無料で行ってくれるので便利です。

プレゼント

何も渡さないわけではない

引き出物が重たかったり嵩張ったりするとき、持ち帰るのが大変かもしれません。それを配慮して郵送の手配をするときがあります。それで終わりではなく、きちんとメッセージにいつ頃届くかなどを記しておきます。手ぶらにならないよう、小袋にお菓子などを入れて渡すようにします。

ギフト

どこの品か分かる

結婚式の引き出物は有名高級デパートで選ぶといいでしょう。というのも、包装紙を見ただけでどこで購入したのか分かる人には分かるからです。誰もが喜んでくれるようなところで購入することをおすすめします。それには見栄えのあるものがおすすめです。

重いものや生ものでもOK

プレゼント

選ぶときの注意点

引き出物は結婚式場から持ち帰ってもらうのが通例ですが、最近では郵送で手配する人も増えています。引き出物を郵送するメリットは数多くあります。まず重いものや生ものでも送ることができるということです。遠方から来ているゲストやドレスアップしたゲストにとって、重い引き出物はかなり困る存在となってしまいます。ゲストへの感謝の気持ちをこめて選んだ引き出物でも、あまりに重かったら悪い印象が強くなってしまいます。そうした傾向をうけて、近年ではカタログギフトが人気ですが、カタログギフトもそれなりの重さがあります。その点、郵送するのであればゲストの負担は非常に軽くなります。引き菓子や縁起物など、一部のものは持ち帰らねばならないかもしれませんが、メインの引き出物がないだけでも非常に手間が省けるはずです。また、本来は送れない野菜や肉、魚、米、お惣菜といった生ものや食べ物であっても引き出物として送ることができます。郵送で送る引き出物の場合、こうしたメリットを生かせる品物選びをするとよいでしょう。郵送なのにカタログギフトが送られてきたら疑問に思うゲストもいるかもしれません。ある程度重さがあったり、食べ物などの取り扱いに困るものだったりする場合に郵送だと最適だといえます。また引き菓子や縁起物を一緒に送るのもよい手ですが、その場合はゲストに郵送するということを伝えておくようにしましょう。ゲストが怪訝に思う可能性もあります。